平昌パラ 開会式を実施 冬の熱闘幕開け 日本は村岡桃佳を旗手に行進

 【平昌=川峯千尋】第12回冬季パラリンピック平昌大会は9日、平昌五輪スタジアムで開会式が行われ、冬の障害者スポーツの祭典が開幕した。史上最多の49カ国・地域から約570選手が参加。アジアでは1998年長野大会に続く2度目の冬季大会で、88年に夏季大会を開催した韓国では初開催。

 大会は18日まで。スノーボードが独立した競技として加わり、6競技80種目を実施する。組織的なドーピング問題を抱えるロシアは、国旗や国歌を使えない「中立のパラリンピック選手(NPA)」として個人資格で参加。

 日本は車いすカーリングを除く5競技に38選手が出場。前回ソチ大会の6個を超えるメダル獲得を目標にする。開会式で、日本選手団はアルペンスキー女子座位の村岡桃佳(21)=早稲田大=が旗手を務め、33番目に行進した。

 北朝鮮は特別枠でノルディックスキー距離の2選手が初参加するが、五輪に続く南北合同入場行進は見送りになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ