悲願の「金」に一歩及ばず 37歳森井大輝、パラ4つ目の銀 平昌パラ

 何度も何度も壁にはね返され続けてきた。過去4大会は、銀メダル4つに銅が1つ。男子座位のエース森井大輝(37)=トヨタ自動車=は「僕のキャリアで足りないものがある」と話していた。ベテランが「悲願」に挑んだが、またもあと一歩及ばなかった。

 21歳で初出場した2002年ソルトレークシティー大会は「技術を含めて足りないものだらけ」。悔しさをばねに奮起して06年トリノ大会で銀メダルを獲得したが、そこからが長かった。その後は金だけを追い求め、ソチ大会後はチェアスキーの開発も視野にトヨタ自動車へ移籍した。

 ワールドカップ(W杯)では年間総合優勝3度を誇るオールラウンダー。チームメートでパラリンピック金メダリストの狩野亮(31)=マルハン、鈴木猛史(29)=KYB=のほか、外国勢を含めてその実力を疑う者はいない。しかし「シルバーコレクター」の汚名返上はならなかった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ