全米脱帽 大谷、二刀流成功への秘密の一端が明らかに

 【大リーグ通信】 

 米大リーグ、エンゼルスへ移籍し、投打の「二刀流」実現へ向けてオープン戦を順調にこなしている大谷翔平(23)が、次々と降りかかってくる“メジャーの洗礼”と戦っている。

 二刀流のうち、まずは成功の鍵を握るのがマウンドでの成果だ。日本ではイニングの合間に調整とウオーミングアップを兼ねてダッグアウト前でキャッチボールを行うのが通例だ。大谷もルーティン・ワークの一つとして実行していた。

 だが、大リーグではマイナークラスが相手の初期のオープン戦でも、合間に投手がキャッチボールするなんて認められていない。初登板となった2月24日のブルワーズ戦でペースを乱されて、球速にも影響した大谷は「体が冷えてしまった」と語ったものだった。

 エンゼルスの地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は「初めてオープン戦で登板したとき、オオタニは日本との習慣の違いに戸惑うことがあったようだ」と理解の姿勢を見せてはいたが、ダメなものはダメで、大谷には対応が求められた。

 そこで3月2日に行われたブルワーズのマイナーとの練習試合には見事な解決策を持って臨んだ。

 イニングの合間にはベンチにいることが多いメジャーの投手とは行動を異にして、味方の打撃中にはブルペンへ移動。ボールの壁当てを行い、体のアップに励んでいた。

 その結果、2回3分の2を2失点ながら8奪三振。奪ったアウトはすべて三振という圧巻投球を見せた。大谷は「ダッグアウト裏にネットが設置してあることころではそれを利用しようと思います。ああいう感じで行こうと思います」と、対策万全だったことを確信したという。

 打撃でも、春季キャンプの練習で打席に入っても全くバットを振らず、ボールに目を慣れさせることを何度も行った。大谷は戸惑いながらも「野球をやることには変わりはないですから。ストレスがたまるようなことはありません」と、どこ吹く風だ。

 オープン戦でベールを脱ぎつつある大谷について、スポーツ専門局ESPNは「プレーを見ての第一印象は、過去最高の二刀流選手であるということ」と大絶賛。「日本ハム時代とメジャーでは異なることが多い。打撃練習やブルペンでも戸惑いを見せることはあるが、専属通訳を通じて情報を得たり、自分で工夫したりして次の機会には適応している」と驚いていた。

 メジャーでは新人に対して、試合後に私服を隠して仮装させて移動するという“イベント”など、トップスターに成長するために超えなければならない“洗礼”が数多くある。たぐいまれなる大谷の順応性から見て「今シーズン、最も注目されていく選手のナンバーワン」(USA TODAY紙)であろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ