平昌パラ 小栗大地、転倒もまとめて7位 「悔いのない滑りを」

 男子大腿障害の小栗大地は予選の序盤で転倒したが、すぐに立ち上がって再スタートを切ると、その後は落ち着いた滑りでまとめた。難コースにてこずる選手が多い中、7位に踏みとどまった。

 障害を負う以前はプロとして活動していた技巧派。「てっぺん目指して悔いのない滑りをしたい」という思いを雪上にぶつけた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ