清宮に平昌五輪金パワー!高木菜那、日本ハム開幕戦始球式

 勝利の女神が、パワー注入!!日本ハムのシーズン開幕戦となる30日の西武戦(札幌ドーム)で、平昌五輪のスピードスケート女子で2つの金メダルを獲得した高木菜那(25)=日本電産サンキョー=が始球式を務めることが12日、分かった。ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が公式戦デビューを果たす可能性もある一戦で、注目度は抜群。北海道幕別町出身のヒロインが、2年ぶりの日本一を目指すチームに“金メダルパワー”を与える。

 3月30日、本拠地・札幌ドームで迎える西武との開幕戦。昨季5位から2016年以来2年ぶりのリーグ優勝と、日本一を目指す日本ハムに“勝利の女神”がやって来る。平昌五輪で一躍、国民的ヒロインとなった高木菜那が、始球式に登場することが決まった。

 北海道命名150年、日本ハムの北海道移転15年の節目で、船出にふさわしいスターだ。北海道幕別町出身の高木菜は、スピードスケート女子団体追い抜き(パシュート)と、新種目のマススタートで2つの金メダルを獲得。日本女子で1大会複数の金メダルを獲得したのは、五輪史上初めての快挙となった。球団では、北海道出身者を中心に開幕戦の始球式の人選を進めていた。金・銀・銅の3個のメダルを手にした妹の高木美帆(23)=日体大助手=と合わせ、姉妹でメダル5個を量産した高木菜に、白羽の矢を立てた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ