鶴竜4連勝、逸ノ城は初黒星 栃ノ心、豪栄道は2敗目 春場所

 大相撲春場所4日目(14日、エディオンアリーナ大阪)横綱鶴竜は荒鷲を寄せつけず4連勝。逸ノ城は御嶽海に押し出され、初黒星を喫した。大関高安は2勝目を挙げたが、同じく大関の豪栄道は遠藤に敗れ2敗目。2場所連続優勝を狙う栃ノ心は貴景勝にたたき込まれ2敗となった。平幕では勢ら4人が全勝を守った。

 鶴竜は立ち合いで右を差すと、まわしをつかむことなく鋭く前に出て荒鷲を寄り切った。逸ノ城は御嶽海に左差し右はずを許すと、体勢を低くして前に出る御嶽海になすすべなく、最後は両はずから押し出された。

 高安は突っ張り合いから玉鷲を強引にはたき込んで土俵に転がした。豪栄道は立ち合いで低く当たったものの、遠藤の突き落としを食いバッタリ手をついた。

 栃ノ心はいったん左上手に手がかかったものの貴景勝がすぐにこれを切り突き合いに。栃ノ心は貴景勝のバランスを崩し土俵際まで追い詰めたものの、右に逃げながらはたいた貴景勝にしのがれ土俵外に落ちた。

 ご当地・大阪府出身で勝ちっ放しの勢は朝乃山の突きに上体を起こされながらも、右を差すと鋭く前に出て寄り倒した。平幕の全勝は他に松鳳山、魁聖、碧山。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ