内村航平がつり輪で完璧な着地 W杯カタール大会予選前半 体操

 体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)カタール大会が21日、ドーハで開幕して予選前半が行われ、五輪2大会連続金メダリストの内村航平(リンガーハット)はつり輪で着地を完璧に決めるなど、ほぼミスのない演技で14.366点を出した。あん馬では落下があり13.233点にとどまった。

 内村は昨年10月の世界選手権で左足首を故障して以来、約半年ぶりの実戦。今大会では床運動と平行棒以外の4種目に出場する予定。(共同)

 ■内村航平の話「あん馬の落下は気持ちを上げきれなかったのが原因。つり輪は過去一番の出来だった。着地まで狙って止めにいけた。(左足首の)痛みも全くなかった」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ