「浅田真央展」に本人がサプライズ登場 ファンうれし涙 群馬・高崎

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央さん(27)の活躍を振り返る展示会が開催されている高崎高島屋(群馬県高崎市旭町)の会場に24日、浅田さん本人がサプライズで登場、予想外の展開に感激の涙を流すファンの姿も見られた。

 展示会は「美しき氷上の妖精 浅田真央展」。浅田さんの幼少期から昨年4月の引退までの軌跡を写真パネルや衣装、メダルなど約100点で紹介している。

 コバルトブルーのブラウスとボーダーのスカートという春らしい装いで現れた浅田さん、どこに行っても「まおちゃーん」の声援を浴び、笑顔で応じた。この日は「サイン本お渡し会」(開店前、限定100人)や「オリジナルポストカードプレゼント」(開店時、先着約180人)のほか、浅田さんセレクトの食材で作った「まおむすび」試食品の配布もこなしていた。

 伊勢崎市から来た大和南さん(32)は「ウエストも細く、こんな小さな体でよくがんばって…」と感極まった様子。花束を渡した長女の奈央ちゃん(4)は大きな声で「(浅田さんは)かわいかった」。

 浅田さんは「(新たな目標の)アイスショーをがんばりたい。群馬にも滑りに来たい」などと話した。

 真央展は4月3日までで入場無料。高崎高島屋では期間中、約2万人の集客を見込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ