帰国の宇野昌磨「一日一日、少しずつでもレベルアップを」 来季の頂点狙う フィギュア

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)男子で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が27日、全日空便で成田空港に帰国。「もっともっとうまくなりたい。選手として上達したいという思いが強い。オフはレベルアップに励みたい」とさらに上を目指す姿勢を示した。

 「悔しいと思う試合が多かった」と今季を振り返った宇野。世界選手権も、その一つだった。

 銀メダルを獲得した平昌五輪後、スケート靴を新調した影響もあって、世界選手権では直前に右足甲に痛みが出た。ショートプログラム(SP)では、大事を取って連続ジャンプを4回転から3回転へ減らすなど難度を下げたが、かえってミスが出て5位発進。フリーでは五輪と同じ高難度で攻めた結果、4回転ジャンプで転倒はしたが、他の選手にミスが続いたこともあって2位に浮上した。

 「(銀メダルは)僕が勝ち取ったものではないかな、と思っている。皆さん疲れていて調整が難しかった。その中でうまく滑りきった選手、納得いかない演技をしてしまった選手が(いる)。僕も納得できない演技だったけれど、後半3つのコンビネーションジャンプを跳べたことでこの順位にいられるのは、練習してきたことを無駄にしなかったことじゃないかと思う」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ