宮里藍さんが祭典を楽しむ パー3コンテストでキャディー 9番で池ポチャショットも

 昨年、現役を引退した宮里藍さんが「パー3コンテスト」で兄のバッグを担いだ。藍さんと両親、宮里優の妻子が白いつなぎを着て、観衆が取り囲む9ホールを歩いた。キャディーがボールを打つのが恒例の9番ホールで、元世界ランキング1位の藍さんもショットを披露。池に落ちたものの笑顔だった。

 宮里優は「子供たちにお願いされて(藍さんは)やってくれた。楽しんでくれたようだ」と喜ぶ。長女が最後のバーディーパットを沈めると、歓声の中で藍さんと手を合わせた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ