大谷翔平「人生一番(の投球)は小学生くらいの時」快投に笑顔

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(23)が8日、アナハイムで行われた本拠地エンゼルスタジアムでの初登板で七回途中までパーフェクトの快投を演じた。試合後の記者会見で開口一番、「人生で一番の投球か」と米メディアに聞かれると、右肩にアイシングをしたまま、「人生一番は小学生くらいの時」と笑いを誘った。

 七回1死から初安打を許したが、すぐに気持ちを切り替えたという。「打たれた後に四球を出したのは良くなかった」とあえて反省点を口にする。

 打者で3試合連続本塁打、投手で7回1安打無失点、12奪三振で2連勝。投打の「二刀流」でファンのハートをわしづかみにした。「期待を裏切らないような活躍ができるように、毎日そのために練習している。七回もすごい声援に押されたというか、抑えられる雰囲気を球場全体につくってもらった」と感謝も忘れなかった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ