フォークで魅せた奪三振「大谷劇場」

 「立ち上がりからいたって自然体で臨めた」

 淡々と振り返った試合は、観客を総立ちにさせる奪三振ショーの「大谷劇場」だった。

 初回を3者連続三振で立ち上がると、勢いが加速。積極的にフォークで攻め、二~四回を三者凡退とすると、五回にも2度目の3者連続三振を奪った。

 「五回ぐらいに気付いた」という完全試合を予感させる展開の中、七回1死で2番のセミエンに三遊間を抜く安打を許すと、期待を高めたスタンドからはため息が漏れた。次のラウリーにはストレートの四球。2死二、三塁のピンチとなったが、ここからが本領だった。

 「(打たれた時に)しっかり次の打者に向かう準備はしたいと思っていた」との言葉通り、気持ちをきれいに切り替えた。オルソンを142キロのフォークで空振り三振に仕留めると、強く拳を握って喜びをかみしめた。

 女房役のマルドナードは「速球はスピードを増している。あれを投げられたら打者はフォークでバットを振らなければというプレッシャーがあったと思う」と絶賛。ソーシア監督も「良い試合だった。(あの相手打線で)七回を好投するのは容易ではない」とたたえた。

 試合後の会見で「今までで最高の投球か」と問われ、「人生一番は小学校の時」と笑いを誘ってみせた大谷。「二刀流」のさらなる進化に自信を見せた。

(アナハイム 住井亨介)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ