石川遼が単独首位保つ 東建杯第2日

 東建ホームメイト・カップ第2日は13日、三重県東建多度CC名古屋(7081ヤード、パー71)で行われ、首位から出た石川遼が5バーディー、2ボギーの68で回り、通算11アンダーの131で単独トップを保った。4打差の2位に初日6位の時松隆光と宋永漢(韓国)が続く。

 5打差4位は重永亜斗夢で、高山忠洋が通算5アンダーの5位に順位を上げた。ツアー31勝の片山晋呉は6位、今平周吾は8位につけている。通算2オーバーまでの69人が決勝ラウンドへ進んだ。(出場132選手=アマ3、晴れ、気温17・7度、北の風6・3メートル、観衆4102人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ