巨人・亀井が1号ソロ「まさか入るとは」

 巨人・亀井善行外野手(35)が15日、広島3回戦(東京ドーム)に「6番・右翼」で先発出場。1-1と同点の二回、先頭で打席に入ると左中間席前列に飛び込む1号ソロを放った。

 「先頭打者だったので『抜けてくれ!』と思って走っていました。芯でとらえていたんですが、まさか入るとは」

 うまくとらえた。カウント3-1からの5球目。大瀬良が投じた146キロの外角低めの直球をスタンドまで運んだ。これで2006年から13年連続で本塁打となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ