白鵬、鶴竜、稀勢の里の3横綱、初めてそろい踏み 靖国神社で春巡業

 大相撲の春巡業は16日、東京都千代田区の靖国神社で奉納相撲が行われ、死去した父の葬儀参列でモンゴルに帰国していた白鵬が復帰し、鶴竜、稀勢の里と合わせて3横綱が顔をそろえた。傷害事件の責任を取り昨年11月に元横綱日馬富士が引退して3横綱になってから、そろって巡業に参加するのは初めて。

 いずれも力強く横綱土俵入りを披露し、取組も行った。白鵬は「帰ってきたという感じ。居場所はここ。どう精進していくか考えていきたい」と気を引き締めた。

 6場所連続休場中の稀勢の里には観客から「優勝してくれ」と声援が飛んだ。「温かく待ってくれている人がいる。しっかり稽古していきたい」と感謝した。夏場所(5月13日初日、両国国技館)で自身初の2連覇を目指す鶴竜は、昨年5月に誕生した長男とともに土俵入りをした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ