予選落ちの松山英樹「悔しい結果」 連日17番の「池」でつまずく

 「悔しい結果になってしまった」と松山。後半に4バーディーを奪って伸ばしたが、79をたたいた前日の出遅れを補うには十分ではなかった。

 第1日に「8」をたたいた17番(パー3)でまたつまずいた。第1打が左に出て池に入りダブルボギー。「あの1ホールがなければ…」と悔やむ。後半の1~9番は「もう予選落ちは決まったから、ピンを攻めた」と開き直って好プレーを見せ、「次につながるラウンドになった」と気持ちの切り替えに努めた。次戦は17日開幕のAT&Tバイロン・ネルソン(テキサス州)の予定。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ