【魅惑アスリート】“春高のヒロイン”二見梓、ビーチバレー転向3年目で大きく開花

 かつてバレーボール(インドアバレー)で脚光を浴びた美貌の長身選手が、転向3年目を迎えたビーチバレーで能力を開花させている。15日で26歳となる二見梓(東レエンジニアリング)は結成2年目の長谷川暁子(32)=NTTコムウェア=とのペアで挑んだ4月のJVAカップ(東京・大森東水辺スポーツ広場)で準優勝。優勝した石井美樹(27)=湘南ベルマーレ、村上めぐみ(32)=オーイング=組とともに、8月のジャカルタ・アジア大会の日本代表に内定した。

 その名が全国に広く知れ渡ったのは、神奈川・大和南1年で出場した2009年の全国高校選抜優勝大会(春の高校バレー)。180センチの大型センターとして攻守で存在感を示し、チームを8強に導いた。東京・東洋高1年だった男子の現日本代表主将、柳田将洋(25)=TVインガーソル・ビュール=とともに「ベストルーキー賞」にも輝き、愛くるしいルックスも相まって“春高のヒロイン”として注目された。

 同年にはユース日本代表も経験。高校卒業後の11年にはプレミアリーグの東レに入団、1年目から定位置をつかんでリーグ優勝に貢献し、翌12年にはアジア・カップ日本代表にも選出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ