宮里優作は7位に後退 17番でOB

 大会連覇へ好調だった宮里優が後半の17番(パー4)でOB。打ち直しをラフに入れるなど、5オン3パットで8打をたたき優勝争いから後退した。「あれ(17番)だけですね。あとは良かった。まさかOBをやるとは思わなかった。3パットも良くないけど」と肩を落とした。

 首位と4打差の7位。順位は全米オープン(6月)の出場権が懸かる世界ランキングにも影響する。「このコースで4打差は厳しい。でも、ちょっとでも上に行きたい」と気を取り直していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ