法政大戦など日大の3試合を中止 関東学生連盟が決定 アメフト

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で日大が悪質な反則プレーを行った問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟は14日、春季オープン戦の日大が出場する予定だった3試合について中止を決めた。公式サイトで明らかにした。

 中止となったのは、今月20日の法政大学戦、6月9日の東京大学戦、同10日の立教大学戦。すべて東京・調布のアミノバイタルフィールドで実施する予定だった。

 同連盟は反則行為を受け、10日に当該プレーを行った選手について対外試合出場禁止などの処分を発表していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ