日大反則行為をJOC幹部も非難 「傷害事件のようなもの」 アメフト

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が悪質な反則行為をした問題を受け、日本オリンピック委員会(JOC)の平岡英介専務理事は15日、「ルールを無視した傷害事件のようなもの」と厳しく非難した。

 東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターで、各競技団体の強化担当者を集めた会議の冒頭で発言した。「スポーツはルールに基づいて行われるのが絶対条件。トップ選手、強化事業を担う皆さまにはフェアプレーの精神をしっかりとお持ちいただきたい」と呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ