「選手」ではないのに「選手」のよう 44歳イチローの超異例契約の不思議

 来年3月20、21日、マリナーズはアスレチックスの主催で開幕シリーズ2試合を東京ドームで行う。すでにディポトGMは、「イチローが来年の開幕にユニホームを着ている可能性は非常に高い」と公言している。その理由として「日米のレジェンドがその場にいないというのは考えられないだろう。マイナス面が大きすぎる」と語った。

 「USA TODAY紙」も「球団フロントなのに物事の決定権はない。選手に戻る可能性を残すからだ。異例の契約になったのは、明らかに来年の東京での試合を見据えてのもの」と解説する。

 出場となればイチローの凱旋でもあり、話題性満載の中で“引退試合”になるかもしれない。イチロー、マリナーズともウインウインの特別契約なのだろう。

 今季はチームに帯同して練習するものの試合には出られないことになったイチロー。スタジアムでどんな生活を送っているのか。

 MLBの公式ホームページ(HP)は「新しい役割を演じているはずのイチローだが、以前と何も変わっていない」というタイトルで、「球団会長付特別補佐としてフロント入りしたわけだが、試合前にはこれまで通り、体を動かし、バッティングし、外野を守っている。クラブハウスでも選手時代と同じロッカーが残る」と、“その後”の球場での1日を説明。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ