関学大アメフト部が記者会見で日大の回答書を公開

 所属選手が6日の日大との定期戦で日大選手から悪質な反則行為を受けた関学大のアメリカンフットボール部は17日、兵庫・西宮市内で記者会見を開いた。

 問題発覚後に初めて開いた12日の記者会見では、16日を期限として謝罪と反則行為に至った経緯の説明などを求めた抗議文を送付したことを明かし、関学大側は15日に回答書を受け取った。

 日大が提出した回答書の内容は以下の通り。

 ◇

 平成30年5月15日

 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部

 部長 池埜聡 様

 ディレクター 小野宏 様

 監督 鳥内秀晃 様

日本大学保健体育審議会アメリカンフットボール部

 部長 加藤 直人

 監督 内田 正人

 第51回定期戦における弊部選手による反則行為に係る貴部からの申し入れに対する回答について

 平成30年5月6日に行われました定期戦において発生した弊部選手の反則行為について、負傷された貴部選手にお見舞い申し上げますとともに心より謝罪いたします。そして、一日も早い回復をお祈り申し上げます。また、ご迷惑をおかけしました貴部関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

 平成30年5月10日付けで送付いただきました貴部からの申し入れに対し、以下のとおり回答いたします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ