ロッテ、ZOZOマリンで千葉・船橋産ホンビノス貝を使った新メニュー発売

 ロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムは17日、球場内の新メニューとして千葉・船橋市産のホンビノス貝を使った「酒蒸し・ガーリックバター風味」(600円)の発売を開始した。ホンビノス貝は千葉ブランド水産物にも認定された注目の食材で、球団の飲食担当者は「海の近くに面していることを意識した他の球場にはない新たな名物として考えた」としている。

 井上晴哉内野手は「ガーリックバター風味なのが、なおさらいいですね。荻野貴司選手も貝が大好きなので喜ぶと思います。ぜひこれを食べながら試合観戦を楽しんでいただければと思います」とコメントした。

 発売はFood Court Chiba(フロア2 内野中央Cゲート付近)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ