関学大・小野ディレクター、競技自体の危険性と「区別して考えて」 アメフト

 アメリカンフットボールの関学大と日大の定期戦(6日)で日大選手による悪質なタックルで関学大QBが全治3週間のけがを負った問題で、関学大は17日、兵庫・西宮市内のキャンパス内で会見を行った。

 関学大の小野宏ディレクターは日大の反則タックルでアメフットの競技としての危険性が取り上げられていることについて「ほかの競技でも全く無防備な選手に、後ろから意図的にけがをさせることだけを目的にタックルするということは、誰でもいつでもできる。それがたまたまアメリカンフットボールで起きただけ」と強調。アメフットそのものが危険という考えに対しては「区別をして考えていただきたい」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ