岡田武史氏、鬼気迫る形相で「岡ちゃんと呼ぶのはやめてくれ」 当初は「1試合限定」だった

【あの代表監督の成功と失敗】岡田武史 第1次

 「私は加茂さんに選ばれて代表コーチになった人間です。加茂さんがクビになった以上、私も辞めさせてください」

 日本サッカー協会は1998年W杯フランス大会のアジア最終予選中に、加茂周監督を更迭。岡田武史コーチ(61)を監督に昇格させることを決めたが、当の岡田氏は協会幹部のオファーを固辞した。

 岡田氏は強情だ。還暦を超えた今でこそ「これでも最近は丸くなったんだぞ」と苦笑いするが、当時は一度決めたらテコでも動かなかった。

 それでも、加茂監督が更迭されてから7日後に次戦のアウェーのウズベキスタン戦(97年10月11日)が迫っていたことから、とりあえず「1試合限定で引き受けます」と応じるしかなかった。

 技術委員会には「予選は岡田を監督代行に置き、本大会は別の監督で」という構想もあったが、長沼健会長(故人)ら協会の幹部は「それは岡田に失礼。すべてを託す」と決めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ