羽生結弦、平昌五輪以来の3回転半 アイスショー出演

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(ANA)が25日、千葉市の幕張メッセで始まったアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演し、オープニングでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を美しく決め、大歓声を浴びた。右足首治療のために3月の世界選手権を欠場し、公の場でジャンプを跳んだのは2月の平昌冬季五輪のエキシビション以来で順調な回復ぶりを示した。

 女子で平昌五輪4位の宮原知子(関大)は白地に赤のアクセントが入った衣装で「アランフェス協奏曲」を情感豊かに舞った。昨年の全日本選手権3位の15歳、紀平梨花(関大KFSC)も華麗な演技を披露した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ