岡山、勝みなみ…活躍の若手続々 女子ゴルファー

【スポーツ異聞】

 女子ゴルフ界は10代~20代前半の若手が次々と優勝争いを演じ、活況を呈している。

 5月27日に閉幕した「リゾートトラストレディース」(兵庫・関西GC)では、最終日に岡山絵里(21)と勝みなみ(19)がプレーオフ。1ホール目で岡山に軍配が上がりツアー初優勝を飾った。19歳の三浦桃香も好調で、人気急上昇中。賞金ランキングでも上位10選手の中で若手がズラリ顔を並べている。

 「リゾートトラストレディース」で演じられた岡山と勝のプレーオフは、パーセーブした岡山に対し、勝は第2打目をバンカーに入れ、ボギー。「めっちゃうれしい」と岡山が顔をほころばせれば、勝はプロ初勝利を逃し、「しょうがない」と言いながら、悔しさをにじませた。若手対決は今の女子ツアーを象徴しているシーンだった。

 他にも、今季すでに3勝している昨季の賞金女王、鈴木愛(24)が賞金女王争いでトップを独走、2年連続に向けて勢いを増している。比嘉真美子(24)は「KKT杯バンテリンレディース」で優勝。1桁順位が6度と安定している。菊地絵理香(29)も優勝こそないが、2位が3度。すっかり上位の顔になってきた。

 ちなみに、ランキングを見てみると-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ