巨人・森福、移籍後初のヤフオクドームで1回を3人でピシャリ

 巨人・森福允彦投手(31)が13日、ソフトバンク2回戦(ヤフオクドーム)の八回から登板。中村晃、松田、柳田の中軸を相手に1回を3者凡退で抑えた。

 「自分の中では楽しもうと思ってマウンドに上がった。やっぱり育ってきたというか、そういう球場。ファンに見せたいというのはあった」

 左腕はこの日、出場選手登録され、早速結果を残した。2016年オフに巨人にフリーエージェントで移籍。昨季の交流戦中にも1軍に帯同していたが、ソフトバンク戦は東京ドームで行われたため、古巣の本拠地では移籍後初登板となった。

 「4球しか投げていないけど、マウンドに上がって、投げている姿を見せられてよかった。まだまだ試合を積み重ねて、内容のいいピッチングにしたい」と森福。ここからが今季のスタートだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ