中田の勝ち越し打&レアード13号3ラン!日本ハムが連敗脱出

 (セ・パ交流戦、日本ハム8-7阪神、2回戦、1勝1敗、13日、札幌D)日本ハムは13日、阪神2回戦(札幌ドーム)に8-7で勝利。四回に4番・中田翔内野手(29)が左中間適時二塁打を放つなど、一挙6点を奪い逆転し、連敗を「4」で止めた。

 2点を追う四回。打者9人の猛攻で、連敗中の嫌なムードを吹き飛ばした。近藤の中前適時打で同点に追いつくと二死一、三塁から中田が「近藤がタイムリーを打ってそれに続こうと必死だった」と9球粘って左中間へ勝ち越しの適時二塁打。一回には先制の中前適時打。「たかが4連敗。かわいいほう」とチームを鼓舞してきた主将が意地を見せた。

 続くレアードが、左翼席上段に飛び込む13号3ラン。米国からめいっ子3人が応援に駆けつけていただけに「感触は最高。良いところを見せられたね」とお決まりの“すしポーズ”で喜びを爆発させた。

 中軸が機能して連敗が「4」でストップ。中田は「1年間通して4連敗はあること。ずっと勝ち続けることは不可能。どう切り替えて、チーム状態を保つか」と語った。ここから、再スタートだ。 (中田愛沙美)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ