阪神・山脇スコアラー盗撮疑い逮捕 揚塩社長謝罪「被害に遭われた方には心からお詫び」

 女性のスカート内を盗撮したとして、阪神のスコアラー、山脇光治容疑者(55)が宮城県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕されてから一夜明けた13日、揚塩健治球団社長(58)が大阪市内の電鉄本社で謝罪した。山脇容疑者がコンプライアンス(法令順守)の研修会に欠席していたことも判明。球団の管理体制の甘さも浮き彫りになった。

 15秒にもわたって深々と頭を下げる揚塩球団社長の姿が衝撃の大きさを物語っていた。

 「被害に遭われた方には心からお詫び申し上げますとともに、ファンの皆様、関係者の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」

 大阪市内の電鉄本社で報道陣に対応。沈痛な面持ちで謝罪するとともに、山脇容疑者に対し「今後、事実関係が明らかになれば、厳正に処分して参ります」と厳しく対応していく考えを明らかにした。

 山脇容疑者は大阪・浪商高(現大体大浪商高)からドラフト外で1981年に入団し、内外野を守るユーティリティープレーヤーとして活躍。95年の現役引退後は2015年まで1、2軍のコーチを務めた。コーチ時代は投手のクセを見抜くのがうまく、16年から就任したスコアラーとしては動作解析を担当するなど長年、チームに貢献してきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ