パの打者は本格派投手が好物? 西武、巨人・菅野を粉砕も技巧派の内海には抑えられ

 【プロ野球実況中継】

 交流戦ソフトバンク対巨人の取材で博多に来ています。12日の巨人は先発の山口俊投手が7回1失点の快投を演じ3連勝となりました。

 正直に言えば今日の山口投手は大丈夫かな? と思っていました。

 というのは、8日の西武戦で、エースであり同じ本格派の菅野投手が5失点を喫し敗戦投手になった記憶が鮮明に残っていたからです。

 「パリーグには菅野クラスの本格派投手が1チームにひとりずつくらいいるんです。岸、涌井、則本…。ふだんからそういう相手と対戦しているから、菅野が来たからといって構えることはありません」

 これは菅野投手が打たれた翌日の、西武の首脳陣のコメントです。巨人ファンからするとはらわたの煮えくり返るようなコメントかもしれませんが、実際に打たれた後だけに返す言葉がないでしょう。

 一方で、同じ西武が左の技巧派の内海には7回で2得点に抑えられました。ヤクルトの石川投手も、先週のソフトバンク戦に続いて12日の西武戦でも勝利。パリーグで左の技巧派といえば楽天の辛島投手くらいですから、むしろこうしたタイプの方がハマるのかなと思ったのです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ