岡田武史氏、乾の同点弾を絶賛「勇気を持って積極的に前にいった」 W杯

 ロシアワールドカップ1次リーグH組(24日=日本時間25日、日本-セネガル、エカテリンブルク)6大会連続6度目出場の日本は第2戦でセネガルと対戦。前半11分にFWサディオ・マネ(26)に先制点を許したが、34分にMF乾貴士(30)=ベティス=が同点ゴールを決め、1-1の同点に追いついた。

 NHKBS1で解説を務めた元日本代表監督の岡田武史氏(61)は、「素晴らしいシュートだ! これは日本の方がいいですよ。今までの日本だったら、みんながこわごわプレーしていた。勇気を持って積極的に前にいった。ゴールで報われたらまた強くなる」と乾の同点弾を絶賛した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ