大迫「2点リードしてからの試合運びが良くなかった」/W杯

 ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦(2日=日本時間3日、日本2-3ベルギー、ロストフナドヌー)2大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たした日本はベルギーに2-3で敗れた。日本は後半にMF原口元気(27)=ハノーバー=とMF乾貴士(30)=レアルベティス=の得点で一時は2ー0とリードしたが、ベルギーのDFヤン・ベルトンゲン(31)=トットナム=とMFマルアン・フェライニ(30)=マンチェスターユナイテッド=に得点を許し、2-2に。試合終了間際にはMFナセル・シャドリ(28)=ウェスト・ブロムウィッチ=に勝ち越し点を決められ、日本は史上初の8強入りを逃した。

 FW大迫は試合後のインタビューで悔しさをにじませた。

 --今の気持ちは

 「ちょっと今、(言葉にするのが)難しいというか、本当に悔しいですし、2点リードしてからの試合運びが良くなかったと思います」

 --2点取ってから戦い方は

 「引き過ぎずに前にそのまま行こうっていうふうには声を掛け合っていましたけど後ろに重心がかかってしまって。相手の思うつぼというか、ミスからピンチを招いた形になったと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ