「すべて出し切った」「胸張って帰る」 逆転負けにも清々しさ見せた長友佑都

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦で2日(日本時間3日)、ベルギーに2-3の逆転負けを喫した日本代表の長友佑都(ガラタサライ)は試合後、「自分でできることはすべてやった。負けて悔しいが、笑顔で胸張って帰ります」と、悔しさの中にもすがすがしい表情を見せた。一問一答は以下の通り。

     ◇

 --今、胸の中にあることは

 「うん…、悔しいですけど、うん…、自分たちのすべて出したんで悔いないです」

 --試合はイメージ通りの部分と違う部分があった

 「強い相手に対して2点リードしましたけど、結局最終的に3点取られてるんで、自分たちの力不足かと思いますけど。でも、すべて出したんで、胸張って帰ります」

 --ハーフタイムにロッカーでどんな話を?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ