「なんで追い付けんのやろ」 悔しがる昌子源 懸命のスライディング届かず失点

 劇的な幕切れでの敗退に、昌子はピッチをたたいて悔しがった。試合終了直前のカウンターに対し、CKで攻め上がっていた敵陣から懸命に追いかけ、ゴール前のシャドリに向かってスライディングタックルを仕掛けた。しかし、わずかに届かず決勝点を奪われ、「何で追い付けんのやろ、という悔しさ、ふがいなさが残った」と唇をかんだ。

 W杯初出場ながら、3試合にフル出場。世界トップレベルの実力を肌で感じた。今後も守備の要として期待される25歳のDFは「しっかりと守って、日本を勝たせる選手になりたい」と成長を期した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ