大迫勇也、悔しさも“半端ない”

 ワントップでフル出場した大迫は「本当に悔しい。こういう結果になって申し訳ない」と唇をかんだ。

 1次リーグ第1戦のコロンビア戦で勝ち越し点を挙げる活躍で、「大迫、半端ないって」の言葉とともに一躍注目を集めるストライカーとなった。4年前のブラジル大会は世界の壁にはね返されたが、今大会はしっかりと成長した姿を披露。ベルギー戦も味方の縦パスを懐の深いキープ力で収め、攻撃を支えた。

 近づいたかにみえた初のベスト8入りは痛恨の逆転負けで幻に。28歳のFWは「2点をリードしてからの試合運びがよくなかった」と悔やみ切れない様子だった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ