日本ハムの取り組みが鉄道会社のフリーペーパーに特集 DJチャス。が表紙

 日本ハムは6日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで業務遂行している「地域とボールパーク」の取り組みが、鉄道会社が発行するフリーペーパー「ほくそう’18夏」(6月29日発行号)の特集で登場すると発表した。

 同フリーペーパーは、鎌ケ谷市に本社がある北総鉄道株式会社が年4回発行するもので、夏の特集として鎌スタのイベント、施設誕生からボールパークまでの歴史と道のり、地域との共生などカラー4ページに渡って紹介。新鎌ケ谷駅を中心に北総鉄道各駅の構内にて配布されている。

 今回はなぜか「球団職員の顔」として同フリーペーパーの表紙を飾ることとなった謎の二刀流キャラクター「DJチャス。」は、「サッカー(日本代表)の戦いが終わり、メジャーでは大谷翔平が復帰したこのタイミングで何とも申し訳ないが…」と6日のヤクルト戦が雨天中止となった鎌スタで恐縮しつつも、「まあ、アイドルの例でたとえるなら、ワタシの知らないところで友人が勝手にオーディションに応募しちゃってて…、みたいなノリで登場するハメになっちゃったけどね。でも自分以外の誰かの役に立ち、ファーム(2軍)をこれだけ取り上げてくれるというのはとても光栄なこと。明日7日は『鎌スタ☆プロレスDAY~TANABATA最終章!』そして土日は『鎌スタ・女子の日』を開催。天気もだいぶ回復傾向にあるので、ぜひ北総線でフリーペーパーをゲットして、新鎌ケ谷駅でイデカフェを飲んで、そして鎌スタへ来場してほしい」。最後はちゃっかり宣伝に徹しながらも照れくさそうに周囲を笑わせていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ