楽天、石井一久氏にGM就任を要請 

 楽天の立花陽三球団社長は6日、ヤクルトや米大リーグ、ドジャースなどで活躍した石井一久氏(44)にゼネラルマネジャー(GM)就任を要請したことを明らかにした。立花社長は「前向きに進んでいると理解している」と説明した。

 楽天は今季、開幕から低迷。6月16日に梨田昌孝監督が辞任し、平石洋介ヘッド兼打撃コーチが監督代行に就任した。編成を担っていた星野仙一球団副会長は1月に死去しており、球団は日米で培った人脈や知識を持つ石井氏にチーム再建を託したい考えだ。

 石井氏は千葉・東京学館浦安高から1992年にドラフト1位でヤクルトに入団し、本格派の左腕投手として活躍。2002年にポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦し、ドジャース、メッツで計4年間プレーした。日本球界に復帰後はヤクルト、西武でプレーし、13年に現役を引退した。通算成績は日米通算で182勝137敗1セーブ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ