プロ野球・楽天、銀次選手が始球式 高校野球岩手大会

 岩手大会の開幕試合前の始球式でマウンドに立ったのは東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次選手(30)=本名・赤見内銀次、普代村出身、盛岡中央高卒。現役プロ野球選手が高校野球の始球式に登場するのは史上初。銀次選手は「すごく幸せだった。高校生の気分になった」と喜んだ。

 投球はインコースへの直球で見事なストライク。ただ、球速表示は117キロ。「130キロぐらい出るかなと思っていたが、ピッチャーじゃないので」と苦笑した。

 高校3年時の岩手大会決勝では4打数4安打と活躍したが、花巻東に4-3の逆転負け。甲子園にあと一歩届かなかった。球児たちには「一球一球の重さをかみしめながら最後まであきらめず、熱い気持ちで戦って」とエールを送った。

 プロ野球の現役選手としては、同じ楽天の今野龍太投手(23)=宮城県大崎市出身、岩出山高卒=も宮城大会の始球式に出ることになっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ