先月婚約発表の今平、通算6アンダーで2位浮上! 国内男子

 長嶋茂雄招待セガサミーカップ第2日(7日、北海道・ザ・ノースカントリーGC=7178ヤード、パー72)54ホールの短縮競技。首位に2打差の10位から出た今平周吾(25)=レオパレスリゾートグアム=が、4バーディー、2ボギーの70で回り通算6アンダーで2位につけた。丸山茂樹(48)=セガサミーHD=の長男でアマチュアの奨王(しょうおう、18)=UCLA=は、76とスコアを落とし通算3オーバーで84位。ツアー初出場での予選通過を逃した。金亨成(38)=韓国=が通算8アンダーで単独首位。

 過去3大会(2015年大会から2位、3位、3位)で全てトップ3に入っている今平が優勝戦線に浮上した。気温12・6度と冷え込んだ雨の北の大地で、リベンジを誓った。

 「しっかり耐えられたことはよかった。今年は頑張りたい」

 前半こそ伸び悩んだが、10番(パー4)でピンそば2メートルにつけてバーディー。14番(パー4)ではピン5メートルを沈めた。ショットもパットもかみ合い、持ち前の安定したゴルフを見せつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ