楽天、今江逆転V弾で東北全県勝利!山形の皆さんお待たせ初白星

 (パ・リーグ、楽天3-2オリックス、13回戦、楽天7勝5敗1分、10日、山形)楽天は10日、オリックス13回戦(山形・きらやか)に、3-2で逆転勝ちし、連敗を2で止めた。今江年晶内野手(34)が、八回二死一塁から逆転の6号2ランを左翼席に放ち、勝利に導いた。チームは7戦全敗で臨んだ山形での主催試合で初勝利をマーク。東北全県での勝利を達成した。

 乾いた打球音が大歓声に変わる。1点を追う八回二死一塁、今江が山本の初球、145キロの直球を強振。左翼芝生席に逆転弾を突き刺し、会心の笑みを浮かべた。

 「完璧な当たりでした。何も考えずに、思い切って振り抜きました。ファンの方々の応援のおかげです」

 六回までアルバースに散発4安打の無得点に抑えられていた楽天打線。やはり鬼門なのか…。客席には敗戦ムードが漂い始めていた。しかし、4番が11試合ぶりのアーチでチームの3連敗を阻止。起死回生の劇弾に、1万56人が詰めかけた満員のスタンドは、お祭り騒ぎとなった。

 気分転換が功を奏した。「最近、全然打てていなかったので」とバットを黒色系から白色系に変更した。効果はてきめん。1打席目にも右前打を放ち、4打数2安打2打点の大暴れ。大阪・PL学園高の先輩で、指揮を執るようになってから全試合で今江に4番を託している平石監督代行は「本当に素晴らしい4番の仕事をしてくれた」と手放しでたたえた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ