秋田大会が開幕 高校野球

 第100回全国高校野球選手権秋田大会が12日、秋田市のこまちスタジアムで開幕、48校44チームによる戦いが始まった。開会式はそぼ降る雨の中、昨年優勝の明桜を先頭に行進。宣誓は同校の山口航輝主将(3年)で「ひたむきなプレーで勇気と感動を与えられるよう、記憶に残る大会にしたい」と誓った。

 開会式後の始球式では、能代商(現能代松陽)や秋田商などで指導、監督として春夏通算で計8回、チームを甲子園に導いた小野平さん(69)が打者をつとめた。小野さんは「一生の宝物になる。これまで一緒に汗をかいてくれた選手たちに感謝したい」と話した。

 続いて行われた開幕試合(1回戦)では、秋田北鷹が大曲農を7-4で下した。いずれも雨天で当初予定より1日順延されており、決勝は22日にこまちスタジアムで行われる予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ