フェルナンド・トーレス、鳥栖入りの裏に「DAZN戦略」あり 欧州“コネクション”でビッグディール成立

 欧州ビッグネームがまたJリーグ加入だ。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)が、かねてから加入が噂されていたJ1鳥栖に完全移籍した。5月にJ1神戸へ移籍したアンドレス・イニエスタ(34)に続いた。現役最後の活躍の場としては、中国や米国を選ぶ選手が多い中、日本を選ぶのにも理由がある。

 5月30日にJリーグ公式サイトが鳥栖入りをフライング発表。Jリーグが謝罪したものの、交渉決裂ともささやかれていた。鳥栖のホームページには「誤報じゃないよ! ほんトーレス!」と書かれたタオルを広げるトーレスの写真が掲載され、サポーターに待望の移籍を知らせた。

 推定年俸5億円超ともいわれるそのビッグディールを成立させた背景には、2017年以降、Jリーグの中継配信を一手に担う「DAZN」の存在がある。

 DAZNはブックメーカーの資金を背景に、英「パフォーム・グループ」がスポーツ専用の映像配信サービスを展開している。日本国内で加入者を増やしたいDAZNは、欧州でのコネクションを生かし、Jリーグのクラブにビッグネームの加入を仲介。老舗クラブが獲得に難色を示す中、手を挙げたのがベンチャー企業をスポンサーに持つ鳥栖や神戸というわけだ。DAZNにとってはビッグネームの活躍を全世界へ配信でき、仲介役を担うことは加入者増進へのいわば「必殺技」というわけだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ