「ZOZO」前澤社長ぶち上げ、ロッテ買収は世論訴え戦術にシフト!? 親交あるホリエモン連携ほのめかす…

 ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する株式会社スタートトゥデイの前澤友作社長(42)が17日、ツイッターで「プロ野球球団を持ちたい」と球団経営へ意欲を示し、球界に衝撃を与えている。同社資産5500億円、個人総資産3330億円(2017年3月、フォーブス誌)で、女優の剛力彩芽(25)と交際中という飛ぶ鳥を落とす勢いの前澤社長は、以前からロッテに球団買収を持ちかけ拒否されてきたとされる。今回あえて球団経営への意欲を表明した理由は何か。実業家の堀江貴文氏(45)とのタッグも見え隠れする。時代の寵児の球界参入劇は波乱含みだ。

 前澤社長はこの日、自身のツイッターを更新。【大きな願望】と題し、「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります。皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう」(原文ママ)と思いの丈をつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ