張本氏、大谷を珍しく評価「打者としても成功する率が高くなった」

 野球評論家の張本勲氏(78)が5日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)の活躍について、「良くなったね。いまのバッティングを見ると、打者としても成功する率が高くなった」と珍しく評価した。

 大谷は3日、インディアンス戦にメジャー初の「3番・DH」で先発出場し、2打席連続本塁打を放つなど5打数4安打3打点の活躍でチームを7-4の勝利に導いた。1試合2発は自身メジャー初で、1試合4安打は日本ハム時代を含めて自身初。同一シーズンの2桁本塁打と投手での4勝は1919年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来、99年ぶりの快挙となった。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ