アマダー、薬物違反で当面は自宅謹慎…楽天は再調査

 日本野球機構(NPB)は9日、楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)がドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したとして、同日から来年2月8日まで6カ月の出場停止処分を科したと発表した。

 楽天・安部井寛チーム統括本部本部長は9日、アマダー本人が意図的な摂取を否定しており、摂取した経緯などを再調査した上で球団としての処分を決める方針を示した。当面は自宅謹慎とし、NPBの処分に異議申し立てを行うかは本人の意向も踏まえて決定する。同本部長は「ご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ない」と謝罪した。

 アマダーは球団を通じ「野球人生でドーピング行為をしたことは一度もない。興奮剤や筋肉増強剤などを利用したこともなく、利尿剤や隠蔽薬を利用することも考えられない。身に覚えのないことでとても不安だ」などとコメントした。球団は再発防止に努めることも強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ