胆石入院の長嶋茂雄氏「回復しています」 東京五輪ON聖火リレー、松井巨人監督誕生に病床意欲

 巨人終身名誉監督の長嶋茂雄氏(82)が体調を崩し、都内の病院の内科病棟に入院していることが9日までにわかった。長嶋氏の家族は球団に「胆石が見つかり治療を続けており、回復に向かっている」と説明しているが、一方で一部週刊誌は「黄疸(おうだん)の症状が出ている」などと必ずしも楽観できない病状を伝えている。唯一無二の“ミスター”には一日も早く元気な姿を公にみせてもらいたいものだが…。

 酷暑の影響もあったのだろうか。家族が球団に説明したところによると、長嶋氏は体調が優れず、7月初旬に大事を取って入院。検査で胆石が見つかったため、入院したまま治療を続けている。体力が落ちた時期もあったが、現在は食事も普通に取り快方に向かっているという。

 長嶋氏も球団を通じ「大変、ご心配をおかけしました。おかげさまで回復しています。いまは静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています。山口俊投手のノーヒットノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による(7月31日、8月1、2日の)対DeNA戦3連勝には元気をもらいました。チームは苦しい状況ではありますが、優勝をあきらめずに最後まで頑張ってほしいと思います」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ