胆石入院の長嶋茂雄氏「回復しています」 東京五輪ON聖火リレー、松井巨人監督誕生に病床意欲

 この夏、長嶋氏の“異変”が関係者を心配させていたのは確かだ。例年、大会名誉会長として姿を見せていた男子ゴルフの「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」(7月5-8日=北海道ザ・ノースカントリーGC)を欠席。原因は夏風邪をひいたためと発表された。

 「風邪の影響で来場を断念致しました。皆さまにご迷惑をおかけする可能性があるとのことで、今回はこのような決断に致しました」とのコメントも発表した。

 さらに、同13日開幕の都市対抗野球でも、例年は里見治会長と親交が深いことからセガサミーの試合を必ず観戦に訪れていたが、今年は同社が準決勝まで進出したにも関わらず1度も姿を見せなかった。

 長嶋氏に近い球界関係者は「7月に夏風邪をひいたのをきっかけに入院しているのは事実ですが、元気ですよ。とにかく行動的な人で、退院すると、この暑い最中にあちこち歩き回って、また体調を悪化させてしまう可能性があるので、あえて病院にいてもらっていると聞いています」と軽症を強調する。1カ月近くの入院になっているが、回復に向かっているのなら一安心である。

 だが一方、気になる報道もある。9日発売の女性セブンは「長嶋茂雄緊急入院!」との見出しで、次女の三奈さん(49)が付きっきりで看病しているなどと伝えている。同誌によると、長嶋氏は高熱と強い腹痛を訴えて病院に運ばれ、黄疸が出ているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ