胆石入院の長嶋茂雄氏「回復しています」 東京五輪ON聖火リレー、松井巨人監督誕生に病床意欲

 04年アテネ五輪の日本代表監督に就任したものの、予選後に倒れ、本戦では指揮をとれなかった長嶋氏。親しい球界関係者は「それが心残りで、最終的に星野仙一氏(今年1月死去)が指揮をとった08年北京五輪の日本代表監督就任にも意欲を燃やしていたほど。それだけに、2年後の東京五輪には『なんらかの形で関わりたい』と話しています。僕らの間では、東京五輪の聖火ランナーの最終走者は、長嶋さんと王さんのONコンビしかいないといっているんですよ」と証言する。

 別の関係者は「すでに米ニューヨークに生活の拠点を移している松井秀喜氏が、もし待望論にこたえて巨人監督に就任するとすれば、恩師の長嶋氏の強い要望に応える形以外、考えられない」との見方を示す。

 まだまだ球界、ひいては日本という国にとって長嶋氏はなくてはならない存在。全快した姿を早く見たいものだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ