DeNA、宮崎は自己最多の20号も「通過点として…」

 DeNAの宮崎が10日の阪神戦(横浜)の八回に能見から左越え20号ソロを放った。自己最多だった昨季の15本を大幅に上回るペースで積み重ねているが、「そんなに気にしていない。それよりも勝ちたい。前の打席で一本だしたかった」と反省。0-2の二回無死二塁で三ゴロだった第1打席や、0-3の三回二死満塁で二ゴロに倒れた2打席目を悔やみ、「点を取れるときに取らないといけない」と厳しい表情だった。

 この日、阪神の先発だったメッセンジャーに対して今季は19打数無安打と相性が悪い。「きっちり抑えられていますよね。(きょうは)ピンチでの制球がよかったと思います」と振り返った。

 それでも20号という節目については「去年よりは長打を増やすことをテーマにしているので、まだまだ通過点としてもっと打てたらいいなと思います」と、今後の量産を目指していく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ